NECは2021年9月22日、XR(Cross Reality)を駆使したバーチャル広告の利活用を促進するための任意団体「バーチャル広告協会」を同日に設立し、入会企業の募集を開始すると発表した。バーチャル広告の健全な発展を支援する団体の設立は国内初という。

 協会は、バーチャル上の広告に関する技術や仕組みを研究し、情報発信や課題の調査研究、ビジネスマッチングのため交流会などを実施する。すでにVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のコンテンツを開発・提供する米タイムルーパー(Timelooper)社などが加盟している。9月から順次活動を開始する。

 NECによると、ゲームなどエンターテインメント業界だけでなくビジネスや教育分野も含めて仮想空間の活用が広がり同空間内での広告の増加も見込まれる。一方で、サービス利用者を無視した不適切な内容や、VRやARといったコンテンツに広告を組み込む際の法規制などの課題もあるという。そこで、放送業界で放送設備や基幹システムなどを提供してきた実績に基づいたノウハウや技術力と、5G(第5世代移動通信システム)を利用した次世代広告での取り組みを生かして、バーチャル広告協会を設立することにしたと説明する。

発表資料