PR

 ホンダは、米Google(グーグル)と車載向けコネクテッドサービスで協業し、2022年後半に北米で発売する新型車から同サービスの搭載を開始する。ホンダのコネクテッド技術とグーグルの先進技術を活用し、「移動」と「暮らし」をシームレスにつなぐことで、顧客に寄り添う車載ソリューションの提供を目指す。

 ホンダは、グーグルと15年から「Android」プラットフォームの自動車への導入に向けて協力し、16年発売の「アコード」から「Android Auto」の搭載を進めてきた。20年には2輪車「Gold Wing」にもAndroid Autoの搭載を開始している()。今回の協業を通じて、顧客体験(UX)をさらに進化させる。

図 Gold Wingに搭載されたAndroid Autoの画面イメージ
図 Gold Wingに搭載されたAndroid Autoの画面イメージ
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは、同サービスに搭載する主な機能として、「音声アシスタント」「ナビゲーション」「車載用アプリケーション」を挙げる。

 音声アシスタントについては、「Google Assistant(Googleアシスタント)」を車内のディスプレーオーディオに搭載し、運転者が道路から目を離さずにステアリングホイールを握ったまま、音声で様々な操作を行えるようにする。同社によれば、メッセージの送信や経路案内、メディア、車両機能、対応するスマートホームデバイスの操作が可能になる。

 ナビゲーションとしては、「Google Maps(Googleマップ)」を統合する。これにより、スマートフォンなどで使い慣れたパーソナライズされたGoogleマップを、車載ディスプレーオーディオでも使用できるようにする。音声によって、自宅までの経路案内の実行、最寄りのガソリンスタンドや充電スタンドの検索、店舗の営業時間の確認などが簡単かつ安全に行えるようになるという。

 車載用アプリに関しては、「Google Play」を使ってお気に入りのアプリを楽しんだり、ダウンロードしたりできるようにする。スマートフォンを介さずに直接、音楽やポッドキャスト、オーディオブックを聴くことが可能になる。豊富な車載用アプリを通じて、より快適な移動時間を提供する。