PR

 ルネサスエレクトロニクスはArmコア集積マイコン「RAファミリ」の新製品「RA4E1グループ」を2021年9月22日に発売した ニュースリリース 。RA4E1グループはCPUとして「Arm Cortex-M33」を集積する。その動作周波数は最大100MHz。Cortex-M33の特徴であるセキュリティー技術「Arm TrustZone」を利用できる。コスト要求の厳しい産業機器やIoT(Internet of Things)機器への搭載を狙う。

新製品の応用イメージ
新製品の応用イメージ
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はCortex-M33集積のRAファミリ製品を複数、市場投入している。これまでのローエンド製品は、21年2月に発売した「RA4M2グループ」だった*。今回の新製品のRA4E1グループは、RA4M2グループ製品の機能を削減して、低価格化を図ったもの。Cortex-M33の最大動作周波数や最大フラッシュメモリー容量(512Kバイト)、SRAM容量(128Kバイト)は同じだが、周辺回路が削減された。例えば、既存のRA4M2グループは静電容量式タッチ・センシング制御回路を備えていたが、新製品のRA4E1グループではなくなった。また、シリアル・コミュニケーション・インターフェースは6本から4本に減り、12ビットD-A変換器は2個から1個に減った。なお、12ビットA-D変換器は1個で、これは既存品と同じである。

* 関連記事 長い間たまに動くIoT機器向け、ルネサスがCortex-M33集積マイコン
RAファミリと新製品
RAファミリと新製品
新製品のRA4E1グループは赤枠で囲まれている。(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]
新製品の機能ブロック図
新製品の機能ブロック図
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]

 新製品でCoreMarkプログラムを内蔵フラッシュメモリーから実行する際の消費電流は81µA/MHzと低い(CPUコアの動作周波数が100MHzの場合)。実行するプログラムによっては61μA/MHzなどより低い消費電流で済むという。4本のシリアル・コミュニケーション・インターフェースに加えて、USB 2.0フルスピードやQuad SPI、CANなどのインターフェースを備える。動作電源電圧は2.7~3.6V、動作温度は-40~+85℃。パッケージは64ピンLQFPまたは48ピンQFNである。RA4E1グループはパッケージやメモリー容量が異なる4製品から成る。マイコンの価格は未公表だが、評価ボード「RA4E1 Fast Prototype Board」を、20米ドル台(参考価格、税抜き)で提供することは発表された。

評価ボードの「RA4E1 Fast Prototype Board」
評価ボードの「RA4E1 Fast Prototype Board」
(出所:ルネサス エレクトロニクス)
[画像のクリックで拡大表示]