PR

 三井化学は2021年9月24日、NECと連携して、市況に左右されやすい製品の価格変動をAI(人工知能)で予測する実証実験を行ったと発表した。高い精度で需要予測ができることなどが確かめられたことから、今後はAIを活用した需要予測システムの本格導入を目指す。

 実証実験では、予測が難しい三井化学のある製品を対象にした。その製品の過去数年にわたる日次や週次の在庫データや工場稼働率、販売数量といった様々なデータをベースに、データ分析ソフト「dotData」で予測モデルを構築した。

 同ソフトは、NECからカーブアウト(大企業からの事業切り出し)をして設立された米dotData(ドットデータ)が手掛けているAIを組み込んだソフトで、NECが提供している。予測モデルに適用する特徴量の設計作業をAIで自動化する機能などを備える。

 三井化学はdotDataを、NECのコンサルティングサービスと併せて活用することで、製品価格の予測モデルを構築した。その結果、改善点はあるものの、翌月の製品の需要予測を高い精度でできるようになったという。三井化学は市場動向を踏まえた販売価格の設定や、販売計画の立案、資材の調達・生産につなげることで、在庫金額を数億円規模で削減することも見込めるとする。