PR

 日産自動車は2021年9月27日、欧州市場に向けた新型商用車(LCV)「Townstar」を発表した。同社の事業構造改革「Nissan NEXT」に基づいて開発した車両で、日仏3社連合の「CMF-C」プラットフォームを適用した。現行商用車の「NV250」と同「e-NV200」の後継車種となる。

 新型車は電気自動車(EV)とガソリン車を用意し、いずれもバンとワゴンを設定した。このうちEVは、総電力量(容量)44kWh のリチウムイオン電池を搭載する。最新のエネルギー・マネジメント・システムと電池パックの冷却システムを組み合わせることで、1充電からの航続距離(WLTPモード)は285km(社内測定値)、最大トルクは245N・mになるという。

 一方、ガソリン車は排気量1.3Lのエンジンを搭載する。最高出力は130PS(95kW)、最大トルクは240N・mとなっている。また、欧州の現行の排出ガス規制「Euro 6d」に適合する(図1、2、3)。

Townstar
図1 新型商用車「Townstar」(バン)
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
新型車(バン)の車内
図2 新型車(バン)の車内
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
新型車(バン)の荷室
図3 新型車(バン)の荷室
(出所:日産自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 予防安全の面では、(1)自動ブレーキ(車両、歩行者、自転車を検知、ジャンクションアシスト付き)、(2)プロパイロット(EV のみ)、(3)プロパイロットパーキング(EVのみ)、(4)先行車追従(ガソリン車のみ)──などの機能を搭載する。

 このほか安全装備では、「トレーラー・スウェイ・コントロール」という機能を搭載する。大きくて重い荷物を積んだトレーラーをけん引して高速道路などを走行する際に、トレーラーのふらつきを抑制するものである。