PR

 移動通信の標準化団体3GPP(Third Generation Partnership Project)は2021年9月22日(現地時間)、オンラインで開催された第93回TSG(Technical Specification Group)会議にて、リリース17のStage3(プロトコル仕様)凍結を予定通り2022年第1四半期末に行うことで合意したと発表した。続くリリース18については、要求仕様の承認を2021年12月の第94回オンライン会議にて実施する。実作業については、リリース17が一段落する2022年3月以降に着手する。リリース18では「5G-Advanced」となる仕様検討を行い、2023年3月には、Stage2(アーキテクチャー仕様)を凍結し、2023年12月のStage3仕様凍結を目指す。

関連ニュースリリース: Rel-17 a Priority as F2F time proves elusive
3GPPが発表したリリース17とリリース18の最新スケジュール
3GPPが発表したリリース17とリリース18の最新スケジュール
(出所:3GPP)
[画像のクリックで拡大表示]

 リリース18の標準化に向けた具体的な日程については、下記3GPPのRelease 18 Webページに掲載されている。なお、このページでは、3GPP Project Coordination Groupが手がけた5G-Advancedロゴマークも披露している。

 3GPPが発表した5G-Advancedロゴマーク
3GPPが発表した5G-Advancedロゴマーク
(出所:3GPP)
[画像のクリックで拡大表示]
関連Webページ: Release 18