PR

 TBSテレビ(TBS)は2021年10月6日、Netflixと3本の新作コンテンツを順次世界に向けて配信することで合意したと発表した。TBSのドラマやバラエティー番組などの多様なコンテンツを世界最大級の動画配信サービスである「Netflix」を通じて配信し、新たな市場の開拓を目指す。

 第1弾として、TBSで2021年10月10日21時に放送を開始する連続ドラマ「日本沈没―希望のひと―」を、Netflixで放送開始から3時間後の24時に毎週配信する。第2弾と第3弾は、Netflixの独占配信コンテンツとして提供する。まず約20年前にTBSのバラエティー番組から生まれた恋愛リアリティー企画「未来日記」を現代版にアップデートし、2021年12月から配信する。さらに脚本家の宮藤官九郎さんと大石静さんが離婚に向かう夫婦の物語を男女の脚本家で書き分ける新作ドラマ「離婚しようよ」の配信を2023年に開始する予定。

 今回の取り組みについて、TBS DXビジネス局長の中谷弥生氏は、「TBSは成長戦略として、世界のマーケットへの進出・拡大を掲げている。今後もTBSグループのコンテンツを世界の皆様に届け、世界コンテンツと切磋琢磨(せっさたくま)していきたい」というコメントを寄せた。