人体認識技術によってテレビ番組・CMの視聴態勢データを取得し、BtoB向けに視聴分析サービスを提供してきたTVISION INSIGHTSは2021年10月6日、テレビCM枠の販売を含むワンストップサービスの提供を同月に開始すると発表した。

 TVISION INSIGHTSが提供するデータは、テレビの「視られている量」として、広告主の間ではテレビCM出稿のプランニングや振り返りに使われてきたという。今回、TVISIONがSAS(スマート・アド・セールス)を中心としたテレビCM枠の販売代理サービスを提供することで、プランニングからテレビCM枠のバイイング、出稿の振り返りまでワンストップで提供できることになる。

 TVISION INSIGHTSは、独自開発した人体認識技術を搭載した調査機器を設置し、調査参加者の視聴態勢を毎秒で自動的に取得、「誰がテレビの前にいて、ちゃんと見ているか」というアテンションデータを提供している。広告主や広告会社、放送局など国内累計100社以上のクライアントが活用しているという。

発表資料