PR

 マツダは2021年10月7日、新しい縦置きエンジン用プラットフォーム(PF)「ラージ」を搭載したSUV(多目的スポーツ車)を、22年から23年にかけて4車種投入すると発表した。ラージPFの開発はかねて公表していたが、車種名を明かしたのは初めて。そのうち「CX-60」は2列シートのSUVで、現行主力車種「CX-5」の事実上の後継といえる。かつてない新車投入攻勢により、今後拡大する電動化投資の原資を確保する。

防府第2工場で生産する現行CX-5。同工場でラージPF車を生産する。(出所:マツダ)
防府第2工場で生産する現行CX-5。同工場でラージPF車を生産する。(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジンを縦置きしたFR(前部エンジン・後輪駆動)ベースのラージPF搭載車種は、CX-60に加えて「CX-70」「CX-80」「CX-90」である。投入順序は明かさないが、モデルサイクルを考えるとCX-60からが有力だ。ラージPF搭載の4車種は、山口県・防府第2工場で生産する。なお現行CX-5の販売は、CX-60投入後も継続する。

防府第2工場でラージ車種を生産できるように改装した。(出所:マツダ)
防府第2工場でラージ車種を生産できるように改装した。(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 さらにマツダは、トヨタ自動車との米国合弁工場で、FF(前部エンジン・前輪駆動)PF「スモール」を採用したSUV「CX-50」を生産することも発表した。米国アラバマ州ハンツビル市に建設した新合弁工場「Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A.」(MTMUS)で、22年1月から生産を開始する予定である。マツダの生産能力は年15万台。なおスモールPF搭載車はこれまでに「マツダ3」「CX-30」「MX-30」がある。

 マツダの新型車の投入数は、例年1台程度。今後わずか2年間で計5車種の新型SUVを投入する「大攻勢」に打って出る。開発や生産が破綻しそうに思えるが、マツダは「一括企画やフレキシブル生産などを実現したことで投資を抑えて効率的に生産できる」と説明する。