PR

 名古屋テレビ放送(メ~テレ)は2021年10月12日、同社が2021年5月に設立した新会社「ドリームチームズ」が、Wリーグ(バスケットボール女子日本リーグ)と提携し、無料のスポーツ予想プラットフォーム「ドリームチームズ」のサービスを同日に開始したと発表した。

 米国では、実際に行われる試合を対象に選手の活躍を予想し、その結果に応じて景品を獲得できる無料の予想ゲーム「ファンタジースポーツ」が盛んで、ESPNやNBCなどの大手テレビ局がサービスを提供、既に6000万人の利用者が存在するという。

 ドリームチームズは、このファンタジースポーツのプラットフォームを提供するなどして、市場形成を図っていく。利用者は自分が監督となり、試合で活躍しそうな選手や応援している選手を選んでオリジナルチームを作成する。実際の試合におけるチームに選んだ選手の活躍をポイント化して、ユーザー間で獲得したポイント数を競う。

 ドリームチームズは、Wリーグの観戦をオンラインでもオフラインでも楽しくするために、今後も様々な機能を追加する予定。新たな予想対象スポーツの追加も予定する。

 ドリームチームズは、当時メ~テレ入社2年目の荒木敬明氏が2020年に社内の起業家支援制度に応募、制度の第1号として採用された。荒木氏がCEOに就任する形で2021年5月に設立された。

メ~テレの発表資料

バスケットボール女子日本リーグ(Wリーグ)の発表資料