PR

 富士通とトレンドマイクロは2021年10月13日、コネクテッドカー(つながるクルマ)のサイバー攻撃対策で協業すると発表した。両社サービスを組み合わせ、つながるクルマ向けのサイバー脅威の検知・分析サービスを22年1月に始める。

 車両の動作異常やサイバー攻撃を監視・通知する富士通の「Vehicle-SOC(Security Operation Center)サービス」と、システムログの監視機能などを備えるトレンドマイクロの「Trend Micro Cloud One」を連携させる。Cloud Oneが集積したクラウドに対する脅威情報をVehicle-SOCで車両からのデータと相関性を分析することによって、車両データだけを利用するよりも精度の高い検知・分析サービスを開発するとしている。

 つながるクルマを開発する自動車メーカーやレンタカー事業者向けに提案する。22年1月以降に日本や欧米、アジア太平洋地域など世界規模でのサービス展開を目指す。