博報堂は2021年10月13日、阪神コンテンツリンクの協力を得て、音楽コンテンツを活用したマーケティング支援サービス「Artist Watch Plus」の提供を開始すると発表した。

 阪神コンテンツリンクのビルボード事業部が運営する「Billboard JAPAN」の音楽チャートのデータを基にしたアーティスト分析に、博報堂と博報堂DYメディアパートナーズが運営するコンテンツビジネスラボの独自調査「コンテンツファン消費行動調査」の結果を掛け合わせる。これにより、アーティストや市場、生活者などのデータを起点とする多面的な分析を基にしたリポートを作成する。

 分析リポートの提供先として、音楽コンテンツを活用したい一般企業や広告主のほか、レコード会社や音楽事務所などを想定する。消費者に行動を実際に起こしてもらうアクティベーションの企画や協賛イベント選定に関する提案を行うなど、マーケティング支援サービスやコンサルティングサービスも行う。

発表資料