PR

 クロスロケーションズは2021年10月13日、テレビ放送で紹介された内容によって実際の人流がどのように変化してユーザーの来訪につながっているかを検証可能な「人流・テレビ放送相関データ」の提供を同日に開始したと発表した。自社で開発した位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platform(LAP)」で解析した人流データと、エム・データが提供するテレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化したテレビメタデータを掛け合わせることで、テレビCMやテレビ番組の効果検証を可能にした。

 このサービスでは、テレビCMやテレビ番組にユーザーがどのように反応し、店舗誘導などの販売促進結果としてリアル世界で人々が動いたか、どの地域に反応が大きく出たか、といったことを確認できる。テレビ放送とは関係のない一般の人流データを排除する新しい指標である「密集度」を採用し、リアル世界での動的データ活用の精緻化を図った。

 利用企業は、テレビCMやテレビ番組で紹介された情報と、それが放送された状況(番組名、放送時間帯、放送内容、放送尺など)および人流データとの相関性の視覚化が可能となる。クロスロケーションズは、人流・テレビ放送相関データの活用によって実現できることとして、「消費財、小売企業における需要予測」「テレビCM出稿の効果分析」「パブリシティーによる店舗誘導などの効果検証」などを挙げる。

発表資料