PR

 日本製鉄は、中国の鉄鋼メーカーである宝山鋼鉄(以下、宝鋼)とトヨタ自動車を、無方向性電磁鋼板に関する特許侵害で東京地方裁判所に提訴したと発表した。両社に損害賠償を求めるとともに、トヨタ自動車に対しては、同社の電動車の製造販売の差し止めを申し立てた。提訴日および申立日は2021年10月14日。

 具体的には、宝鋼とトヨタ自動車に対してそれぞれ約200億円の損害賠償を求めるとともに、トヨタ自動車には日本製鉄の特許を侵害すると考えられる無方向性電磁鋼板を使用したモーターを搭載する電動車の製造・販売差し止めの仮処分を申し立てた。

 日本製鉄は、自動車の電動化に必要な無方向性電磁鋼板に関する日本製鉄の特許を宝鋼とトヨタが侵害しているとして両社と協議していたが、問題を解決できずに提訴に至ったという。

 一方、トヨタ自動車は、「今回の提訴については、材料メーカー同士で協議すべき事案であると認識しており、弊社が訴えられたことは大変遺憾。材料メーカーとの取引にあたり、特許抵触がないことを材料メーカーに確認しており、当該電磁鋼板についても、取引締結前に、他社の特許侵害がないことを製造元に確認の上、契約している」とのコメントを出している。

 無方向性電磁鋼板は、モーターのコア材料などに使われる高機能材料。特定の方向のみに磁気特性が偏るのを防ぐために、鋼板の面内でランダムになるように結晶方位を制御して造られている。モーターやトランスなどに広く採用されている。