PR

 パナソニックは、エンターテインメント&コミュニケーション事業部イメージングビジネスユニット(以下、イメージングBU)において、ボード(プリント基板)設計用EDA(Electronic Design Automation)システムを図研の製品に乗り換えた。図研が2021年10月14日に発表した ニュースリリース 。図研によれば、イメージングBUは、図研以外のEDA製品を利用していたが、今回、全面的に図研製に切り替えた。

 イメージングBUが採用したのは、ボード設計用EDAシステムの「CR-8000シリーズ」*と設計データ・マネジメント・システム「DS-CR」である。これらを、イメージングBUの日本国内および中国(厦門)拠点に配した。図研の受注総額は約1.5億円である。

CR-8000シリーズ実行画面例
CR-8000シリーズ実行画面例
(出所:図研)
[画像のクリックで拡大表示]
DS-CR実行画面例
DS-CR実行画面例
(出所:図研)
[画像のクリックで拡大表示]

 図研によれば、パナソニックは、これまでに図研と協力して全社レベルで共通して活用可能な電子部品情報管理システムを構築してきた。イメージングBUがボード設計環境を図研製に全面移行することで、「パナソニックにおける製品・事業の枠を越えた部品情報や商品開発情報の流通が促進され、EDAライブラリー・電子部品の共通化、技術の共用化が進展することが期待される」(図研)。

 今回のボードEDAの移行について、パナソニックのグループ・チーフ・テクノロジー・オフィサー(グループCTO)である執行役員の小川 立夫氏は次のように語っている。「電子部品の進化は著しく、古い部品からタイムリーに新しい部品に入れ替えていく必要がある。電子部品の標準化や設計の共通化を進めていくことは、多岐にわたる製品を開発しているパナソニックにとって大変重要な取り組みである」(同氏)。