PR

 鹿島と日立製作所らは2021年10月21日、新型コロナウイルス感染症の検査結果やワクチンの接種履歴を生体認証を使って手ぶらで証明できるようにするための実証実験を開始した。この2社のほか、H.U.グループホールディングスや九州大学、電通が参加している。

 今回の実験の流れは以下の通りだ。利用者は「ウィズウェルネス」というスマホアプリにワクチン接種証明書を電子化して取り込む。このアプリには、PCR検査など新型コロナウイルス感染症の検査結果も取り込める。並行して日立製作所の指静脈認証装置を使って指静脈の情報を登録し、アプリの情報と連携する。利用者が建物や施設に入る際に入り口の装置に指をかざすことで静脈認証し、ワクチン接種の状況などルールに応じて入場可否が判断される。

 2021年9月27日から10月6日に鹿島の「赤坂Kタワー」で技術検証を行った。今後はオフィスなど建物内での実装に向けた準備を進めるほか、鹿島の建設現場においても実証実験を行う予定という。