PR

 ソニーは2021年10月26日、プロ向けAndroidスマートフォンの新製品「Xperia PRO-I」を発表した。メインカメラに1型のイメージセンサーを採用し、クリエイターやビデオブロガーをターゲットに想定したという。12月15日に発売する。

1型センサー搭載スマホ「Xperia PRO-I」
1型センサー搭載スマホ「Xperia PRO-I」
(出所:ソニー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

メインカメラに1型イメージセンサーを搭載

 ソニーはXperiaブランドのスマートフォンとして、「Xperia 1/5/10」シリーズの上に「PRO」を位置付ける。2021年2月に発売した5Gミリ波対応モデル「Xperia PRO」に続き、Xperia PRO-Iはソニー製カメラのユーザーなど、写真・映像愛好家コミュニティーに向けた製品とする。製品名の”I”はImagingの頭文字を意味する。

 最大の特徴として、メインカメラに像面位相差AF対応の1.0型イメージセンサーを搭載。同社のデジタルカメラ「RX100 VII」のセンサーを最適化したという。レンズには新規開発した焦点距離24mmのZEISS(ツァイス)「Tessar」レンズを搭載。光学手ぶれ補正にも対応する。

1型イメージセンサーの広角カメラを中心とした3眼構成
1型イメージセンサーの広角カメラを中心とした3眼構成
[画像のクリックで拡大表示]

 大型センサーを生かした静止画撮影として、一眼カメラ「α」シリーズと同じフロントエンドLSIでノイズを低減できる「低照度」、12ビットのRAW撮影にも対応する広い「ダイナミックレンジ」、光学的なぼけ味やF2.0/F4.0の可変絞りによる幅広い表現ができる「被写界深度」が特徴になる。

Xperia PRO-Iの作例(サムネイルをクリックすると元の4MB画像を表示します)
Xperia PRO-Iの作例(サムネイルをクリックすると元の4MB画像を表示します)

 動画撮影アプリとして新たに「Videography Pro」を搭載。クリエイター向けに撮影設定を素早く確認できる画面構成にした。動画撮影時にはXperia初となる「瞳AF/オブジェクトトラッキング」でAI(人工知能)により人や動物の瞳などを追従する。ハイフレームレート撮影では4K/120fpsで再生できる動画撮影に初めて対応する。

新アプリ「Videography Pro」
新アプリ「Videography Pro」
[画像のクリックで拡大表示]

 動画ブログ(Vlog)用の専用アクセサリーとしては「Vlog Monitor」を発表した。3.5型の液晶ディスプレー、スマホホルダー、ケーブルが同こんされており、別売のシューティンググリップ「GP-VPT2BT」から操作できる。カメラ用の3極マイク端子とアクセサリーシューを備えており、外付けマイクも利用できる。市場推定価格は税込み2万5000円前後。

Vlog用アクセサリー「Vlog Monitor」
Vlog用アクセサリー「Vlog Monitor」
[画像のクリックで拡大表示]