PR

 ルネサスエレクトロニクスは2021年10月26日、同社の車載SoC(System on Chip)「R-Car H3」と「同M3」が、トヨタ自動車の次世代マルチメディアシステムに採用されたと発表した。21年秋に発売される「レクサスNX」を皮切りに、順次レクサス車およびトヨタ車に搭載される予定という。

レクサスNXの新型マルチメディアシステムにR-Car採用
レクサスNXの新型マルチメディアシステムにR-Car採用
(出所:ルネサス、トヨタ)
[画像のクリックで拡大表示]

 トヨタの次世代マルチメディアシステムは、最大14インチのタッチディスプレーを採用し、表示エリアを柔軟に分割したり、拡大/縮小したりできる。高速起動が可能な音声認識機能や、車載専用の音響システム、OTA(Over The Air)によるソフト更新機能も備える。

 その中でルネサスのR-Carは、大型ディスプレーに地図情報やスマートフォン連携アプリの画面を表示する機能に加え、タッチ操作や、マイク入力による音声認識、複数の車載スピーカーへの音声出力といった機能を担う。R-Carが内蔵するセキュリティー機能により、安全なOTAを実現するほか、各種コネクテッドサービスも実現する。

 マルチメディアシステムの機能は車種により異なるため、ハイエンドのフル機能搭載の車種にはR-Car H3、それ以外ではミドルレンジのR-Car M3が採用された。「R-Carはソフトの継承性が高く、幅広い車種に展開しやすい」(ルネサス)という。

 トヨタ コネクティッド基盤開発部部長の小林正人氏は、「最先端のマルチメディアシステムを実現するうえで、性能の確保と、複雑なソフトの効率的な開発は大きな課題だった。車載SoCとして性能や信頼性が高く、開発のエコシステムも充実しているR-Carによって、今回のマルチメディアシステムを実現できた」とコメントした。

 ルネサス執行役員兼オートモーティブソリューション事業本部長の片岡健氏は、「ルネサスのR-Carが次世代マルチメディアシステムに搭載され、その機能を備えたレクサス車が市場に投入されたことをうれしく思う。直感的な使いやすさを追求した次世代のコックピットが、今後幅広い車種に展開され、世界中に広まることを期待している」と述べた。