PR

 NTTとNECは2021年10月27日、情報通信インフラを構成する通信機器やシステムに対するセキュリティー対策技術を開発したと発表した。通信機器の製造から出荷、導入、運用までのサプライチェーンにおいてソフトウエア構成を継続的に可視化し、マルウエア混入などのリスクを低減することを目指す。両社は2021年度中に技術検証を実施し、各要素技術の有効性検証や課題抽出に取り組む予定だ。

 NTTとNECが今回開発した「セキュリティトランスペアレンシー確保技術」は、通信機器のソフトウエア構成を可視化する技術や機器ソフトウエアへの不正機能混入の可能性を検出する技術、通信システムにおける攻撃ルートを可視化する技術を組み合わせて実現した。両社は情報通信インフラを構成する機器などの構成やリスクをサプライチェーン全体で共有し、セキュリティーに関する透明性を確保することでリスクの低減を図る「トラステッドネットワーク構想」の実現を目指す。

NTTとNECが発表した「セキュリティトランスペアレンシー確保技術」の概要
NTTとNECが発表した「セキュリティトランスペアレンシー確保技術」の概要
(出所:NTT、NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 社会や産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、サプライチェーンにおけるセキュリティーリスクが顕在化している。同リスクへの対策としては、通信機器ベンダーやシステムインテグレーターなどの供給側が安全性を示し、調達側で確認することが望ましい。しかし現状では技術的に実現が難しく、事業者間の信頼に依存せざるを得ない状況となっていることが開発の背景にある。