PR

 東京都は2021年10月29日、新型コロナウイルス感染者の算定数が誤っていたと公表した。2021年4~10月の新型コロナの新規感染者数に、4512件の集計漏れを追加した一方、重複して登録した447件を削除した。この結果、同日時点の累計感染者数は38万1610人となった。

 保健所は厚生労働省の「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」に登録することで、日々の感染者数を都に報告する。都はHER-SYSに登録された情報を確認して「速報値」として公表している。

 感染者数が変更となった主な原因は、保健所のHER-SYS登録が完了していなかったり、都側の日次集計に間に合わないタイミングで登録されたりしたことによる。これらが「追加分の約3000件に当たる」(東京都福祉保健局)。残りの約1500件は、医療機関や保健所による未入力や誤入力などが該当するという。

 今後の対策として東京都は、日次の確認を徹底することで情報の精度を高める。また、新たに月次で「確定値」を公表する。初回は2021年11月下旬に10月分の確定値を公表する予定だ。