PR

 カジュアル衣料のライトオンは、同社が運営する公式オンラインショップが不正アクセスを受け、24万7600人分の顧客情報が流出したと2021年11月4日に発表した。同社によると、流出した顧客情報を不正に流用するといった二次被害は現時点で確認していないという。

 外部に流出したのは、公式オンラインショップなどの利用に当たって、会員登録フォームから登録されたライトオンメンバーズ情報の一部。具体的には、名前や電話番号、住所、生年月日、性別、メールアドレスが流出した。クレジットカード情報は含まれていない。

 同社が不正アクセスを確認したのは2021年10月27日。調査を進めたところ、10月23日以降、第三者による不正アクセスを断続的に受けていた形跡を確認した。

 10月28日にセキュリティー強化に向けた対策を実行したが、翌日に不正アクセスを再び確認したため、アクセス元からの通信遮断といった対策を施した。11月3日に警察に通報し、個人情報保護委員会にも報告した。情報流出を確認した顧客には個別に案内している。