PR

 NTTドコモは2021年11月10日、通信設備の切り替えに伴って10月14日に発生した通信障害の対応状況について説明会を開いた。今回の通信障害では、携帯電話サービスの利用に当たって必要となる「位置登録」ができず、多くのユーザーが通信できない状況に陥った。電気通信事業法における「報告を要する重大な事故」に相当し、11月10日、総務省に報告したという。

 同社はまず、通信障害の概要について説明した。音声・データ通信が利用できなかった時間は10月14日17時37分から19時57分までの2時間20分、利用しづらかった時間(利用できなかった時間を含む)は10月14日16時54分から15日22時までの29時間6分とした。また、利用できなかったユーザーは約100万人、利用しづらかったユーザーは音声が約460万人、データ通信が830万人以上と推定した。

 次に、原因分析や再発防止策、実施時期について説明した。障害の発生原因は、(1)IoT(Internet of Things)位置情報サーバーの切り戻し手順における認識の齟齬(そご)、(2)信号交換機の位置登録リソース(メモリー)の枯渇、(3)IoT端末に限定した位置登録を規制できないこと、(4)事前準備不足による作業着手の遅延――など6項目にわたった。

再発防止に向けた取り組み
再発防止に向けた取り組み
(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 対策は、(1)作業関係者側の切り戻し手順の明確化、(2)信号交換機における一般ユーザー端末とIoT端末の位置登録リソースの分離、(3)IoT端末と携帯電話を区別して位置登録規制できる機能の導入、(4)短時間に復旧措置を実行するための事前準備――などである。順次対応を進め、「2022年春くらいに(新設備への切り替え)工事を再度実施したい」(小林宏常務執行役員ネットワーク本部長)とした。