SUBARU(スバル)は2021年11月11日、新型の電気自動車(EV)「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初披露した。トヨタ自動車と共同開発した車両で、生産はトヨタが担当する。22年中ごろまでに日本や北米、中国、欧州などで発売する。

スバルの新型EV「SOLTERRA(ソルテラ)」
スバルの新型EV「SOLTERRA(ソルテラ)」
トヨタと共同開発したEV専用プラットフォーム「e-Subaru Global Platform」を採用した。(写真:スバル)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソルテラの基本スペックは、トヨタのEV「bZ4X」と同じ。前輪駆動(FWD)と4輪駆動(4WD)の2種類の駆動方式を用意する。外形寸法は、全長4690×全幅1860×全高1650mm。ホイールベースは2850mmである。容量71.4kWhのリチウムイオン電池を搭載する。航続距離(WLTC)はFWD車で530km前後、4WD車で460km前後。

 スバルの代名詞である先進運転支援システム(ADAS)「アイサイト」は搭載していない。同社が開発したステレオカメラではなく、トヨタのADAS「Toyota Safety Sense(TSS)」で使う単眼カメラを採用した。

 ソルテラの開発責任者を務めた小野大輔氏(同社商品企画本部プロジェクトゼネラルマネージャー)は「アイサイトを搭載することも視野に検討したが、我々が(アイサイトと)EVとの協調をこの時間軸でやり切るには時間が足りなかった。ただ、今後もずっとアイサイトを採用しないわけではなく、付けられるように検討していきたい」と語った。具体的には、車載電子プラットフォームの通信系が従来のスバル車と異なる点が課題になっているという。