東京理科大学で「HEXAGON/TUSデジタルツインラボラトリ」を設置、運営している同大学工学部情報工学科教授の藤井孝藏氏(工学博士)と、同大学工学部情報工学科HEXAGON/TUSデジタルツインラボラトリ教授の松尾裕一氏(工学博士)が2021年11月11日、イベントで講演し、「デジタルツインの研究開発を担う人材を育成するとともに、企業との共同研究とデジタルツインの実践を目指したい」と語った。

 イベントはスウェーデンHexagon(ヘキサゴン)の事業部門の1つであるHexagon Manufacturing Intelligence(Hexagon M.I.)が主催した「HxGN LIVE JAPAN」(11月11・12日、パシフィコ横浜会議センター)で、Hexagon傘下になったCAEツールベンダーのエムエスシーソフトウェア(東京・千代田)が毎年開催していたイベントの実質的な後継。理科大の同ラボラトリはHexagon M.I.との共同研究契約に基づく5年間以上の長期研究プロジェクトだ。

講演する東京理科大学工学部情報工学科教授の藤井孝藏氏。(出所:日経クロステック)
講演する東京理科大学工学部情報工学科教授の藤井孝藏氏。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 同ラボラトリは、主として製品開発設計段階や生産準備段階における製品のデジタルツインを手掛ける。20年に開設したが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて実質的に活動できなかったという、現在は本格的に動き出したところで「学生も7人所属している」(松尾氏)。デジタルツインを構成するためのさまざまな要素技術、すなわちCADやCAE、AR/VRに加えてデータサイエンスや機械学習にも通じた人材の育成を目指しており、小規模な製品を対象としたデジタルツイン構築の演習などを実施している。

 人材育成に当たっては「学生に限らず、企業に所属する社会人にも来てほしいと考えている」(藤井氏)。「デジタルツインは、製品設計プロジェクトの早期から後期に至るまでの各段階でそれぞれ目的や必要な精度が異なる。限られたデータを基にデジタルツインを構築しなければならない場合や、結果を短時間で得る必要がある場合もある。状況に応じて柔軟にデジタルツインを構築、利用していける人材の育成も目指したい」(同氏)という。

 企業との協力は人材育成にとどめず、実際の開発設計にデジタルツインを適用する共同研究や実践にも取り組む考え。その目的で「Smart Factory研究センター(仮称)」の設立を計画している。「真に有効なデジタルツインの導入を進めたい。企業の積極的な参加と協力をお願いしたい」(同氏)。

 藤井氏、松尾氏はともにJAXA(宇宙航空研究開発機構)出身で、長年流体シミュレーションなどに取り組んできた。

左が東京理科大学工学部情報工学科HEXAGON/TUSデジタルツインラボラトリ教授の松尾裕一氏、右が藤井氏。(出所:日経クロステック)
左が東京理科大学工学部情報工学科HEXAGON/TUSデジタルツインラボラトリ教授の松尾裕一氏、右が藤井氏。(出所:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]