PR

 川崎重工業、SUBARU(スバル)、トヨタ自動車、マツダ、ヤマハ発動機の5社は2021年11月13日、内燃機関を活用したカーボンニュートラル(炭素中立)の取り組みについて共同で発表した。同月13~14日に開催された「スーパー耐久レース in 岡山」(3時間レース)に合わせて発表した。

 炭素中立に向けて電動化への取り組みも進めるものの、消費者により多くの選択肢を提供するために、カーボンニュートラル燃料や水素エンジンの活用についてレース活動などを通じて検証を進める。具体的には、(1)カーボンニュートラル燃料を活用したレースへの参戦、(2)二輪車等での水素エンジン活用の検討、(3)水素エンジンでのレース参戦継続、の3つの取り組みを進める。

カーボンニュートラル燃料や水素エンジンを活用した3つの取り組み
カーボンニュートラル燃料や水素エンジンを活用した3つの取り組み
(出所:トヨタなど)
[画像のクリックで拡大表示]

 (1)カーボンニュートラル燃料を活用したレースへの参戦では、マツダがユーグレナから供給を受ける100%バイオ由来の燃料を使用し、ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を搭載した「MAZDA SPIRIT RACING Bio concept DEMIO」でスーパー耐久レース in 岡山の「ST-Q」クラスに参戦。スバルとトヨタは、22年シーズンのスーパー耐久シリーズのST-Qクラスに、バイオマスを由来とした合成燃料を使用する新たな車両を投入し、実証実験をする。スバルは「BRZ」をベースとした車両、トヨタは「GR86」をベースとした車両で参戦する。

 (2)二輪車等での水素エンジン活用の検討では、川崎重工とヤマハ発動機が共同研究の検討を開始した。今後は、ホンダ、スズキが加わり、4社で二輪車における内燃機関を活用したカーボンニュートラル実現への可能性を探る。

 (3)水素エンジンでのレース参戦では、トヨタがこれまでの活動をさらに広げる。同社は、16年からヤマハ発動機、デンソーなどと共に、水素エンジンの開発に取り組んできた。すでに水素エンジンを搭載した車両を「富士SUPER TEC 24時間レース」「スーパー耐久レース in オートポリス」「SUZUKA S耐」の3戦に投入済みである。今回のスーパー耐久レース in 岡山でも、引き続き「ORC ROOKIE Racing」の参戦車両として投入し、トヨタ社長の豊田章男氏が、ドライバー「モリゾウ」としてレースに参戦した。