PR

 ピクセラは2021年11月17日、クラウド録画対応のテレビチューナー2機種を発売すると発表した。パソコンやスマートフォン向けのワイヤレステレビチューナーブランド「Xit(サイト) AirBox」の新製品と、同社がテレビの視聴体験を革新する次世代型テレビチューナーと位置付ける「Xit Base」である。クラウド録画対応のテレビチューナーは業界初という。

クラウド録画対応のテレビチューナー2機種を発表
クラウド録画対応のテレビチューナー2機種を発表
(出所:ピクセラ)
[画像のクリックで拡大表示]

 両機種ともに外付けHDDへの録画は可能だが、外付けHDDを用意しなくても、クラウドストレージに録画できる。クラウド録画の利用には、専用のクラウドストレージとの契約が必要。「PIXELA CLOUD」に加えて「TeraBox」(フレックステックが提供)が利用できる。PIXELA CLOUDの場合は、プランAの容量25Gバイトをお試し期間として1カ月無償で利用できる。無償期間終了後は、プランBの容量300GBを月額990円(税込み)あるいはプランCの容量1024GBを月額2100円(税込み)で利用できる。TeraBoxの場合は容量1024GBを月額無料で利用可能。

 今回発売となるパソコンやスマートフォン向けワイヤレステレビチューナー「Xit AirBox」の新製品「XIT-AIR120CW」は地上・BS・110度CSデジタル放送に対応したチューナーを2系統搭載する。無線LANルーターなどのインターネット環境にこの機種を追加しアンテナ線と接続することで、無線LANがつながる場所であれば屋内のどこからでもテレビ番組が視聴できる。また、4G/LTEや5G、無線LANなどのネットワーク環境があれば、外出先からの視聴や、録画・再生・予約ができる。2021年12月3日に販売を開始する。

 次世代型テレビチューナーと位置付けて投入する「XIT-BAS1000T-MK」は、地上・BS・110度CSデジタル放送に対応したチューナーを3系統搭載する。同機種を6台追加することで、最大8番組の同時録画に対応する。録画した番組は一元管理できる。専用アプリも用意し、録画した番組からみたい番組やシーンを効率良く探す手伝いをする「見どころアシスト機能」を搭載する。キーワードプレビュー機能やハイライトプレビュー機能、ダイジェスト再生などを用意する。2021年11月17日に注文受け付けを開始した。

発表資料