PR

 米Microsoft(マイクロソフト)は2021年11月16日(米国時間)、Windows 10の機能更新(大型アップデート)である「November 2021 Update(バージョン21H2)」の提供を開始した。同社が2021年10月に、後継バージョンとなるWindows 11の提供を始めたことに伴い、Windows 10の次回以降の機能アップデートは年1回になるという。同社は現在のところ、2025年10月まではWindows 10をサポートするとしている。

 Windows 10のユーザーに対してはWindows 11の提供も始まっており、利用するパソコンのハードウエア要件によっては今回の機能更新とWindows 11へのアップデートを選択して適用できる。アップデートの方法は月次のWindows Updateと同様で、Windows Updateの設定画面を開き、「更新プログラムのチェック」をクリックすればアップデートできる。バージョン21H2へアップデートすることで、Wi-Fiに接続する際の暗号化方式としてWPA3 H2E(Hash-to-Element)に対応し、同方式のアクセスポイントに接続できるようにした。