PR

 日野自動車とヤマト運輸は2021年11月24日~22年5月末まで、小型電気自動車(EV)トラックを使った集配業務の実証実験に取り組む。日野が開発して22年初夏に市場投入予定の「日野デュトロ Z EV」を活用する。東京都日野市と埼玉県狭山市の物流センターに計2台を配備して使い勝手を確かめる狙い。物流業界のカーボンニュートラル(温暖化ガス排出量実質ゼロ)需要の拡大が両社を後押しする。

日野自動車初の量産EVトラック「日野デュトロ Z EV」
日野自動車初の量産EVトラック「日野デュトロ Z EV」
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

斜め後ろから
斜め後ろから
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

横から
横から
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

車両前面から充電する
車両前面から充電する
(撮影:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 日野デュトロ Z EVは、同社として初めての量産EVトラックとなる。新開発したプラットフォーム(PF)を適用。床面の地上高を現行車から半減させて400mmにすることで、乗り降りや荷役作業がしやすい「超低床・ウォークスルーを実現した」(同社)。運転席から荷室へ乗降せずに移動できる。駆動用モーターで走るため振動や騒音も小さく、住宅街での運用に適する。

 低床化の鍵はEV基幹部品の配置工夫にあった。現行の小型トラック「デュトロ」はディーゼルエンジン車仕様、ハイブリッド車(HEV)仕様ともにFR(前部エンジン・後輪駆動)であり、エンジン駆動力を後輪ドライブシャフトに伝えるプロペラシャフトの搭載空間が必須だった。前輪駆動化でプロペラシャフトは不要になる。

 その分、容量40kWhのリチウムイオン2次電池パックを中央底部に薄く敷き詰められた。1充電当たりの航続距離は「運用時で100km以上を目指した」(同社BR EV開発推進室室長チーフエンジニアの東野和幸氏)という。電池パックの調達先は明かさないが、「親会社であるトヨタ自動車との共通品ではない」(東野氏)という。日野が提携する海外企業からの調達品である可能性が高い。 

 最高出力50kWの永久磁石式同期モーターやインバーターは、運転者が乗る「キャブ」下に収めた。車両寸法は全長4700×全幅1700×全高2300mm。車両総質量は3.49トン(t)である。価格は未定。

 日野にとって当面の目標は、実証実験で一層の改善点を見つけることである。市場投入まで短期間であるが「使い勝手などの項目は量産に間に合えば意見を反映させたい」(東野氏)と意気込む。量産に間に合わない改善点は、次期型EVトラック開発の糧としたい考えだ。