PR

 富士フイルムと名古屋大学医学部付属病院は2021年11月22日、院内の診療データを基に、AI(人工知能)技術を用いて、肺炎入院患者の経過を高精度に予測する技術の開発に成功したと発表した。富士フイルムは今後、本技術の実用化を目指す。患者一人ひとりの状況に応じた診療計画の策定や、限られた医療リソースの適切な配分に生かせる可能性がある。

 今回の共同研究では、富士フイルムの医療機関向け総合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」のデータベースを基に技術を開発した。同プラットフォームは、各診療システムで管理されている、医師・看護師の記録や、患者のバイタル情報、処方、検査結果などの多様なデータを一元的に集約している。

 現在、診療現場で使われている肺炎の重症度評価手法は、年齢や血圧など5項目のみを使用しており、入院後の経過を予測するには精度に課題があるという。富士フイルムはプラットフォームで集約した日々の診療データにAI技術を応用することで、従来よりも高精度な経過予測を実現したとしている。

 肺炎は呼吸器専門医や感染症専門医のみならず、多くの臨床医が診療に携わる可能性が高い急性期疾患で、日本人の死亡原因では第5位に挙がる。肺炎の診療現場では、入院治療の必要性の確認や、入院患者の経過予測が必要であり、患者一人ひとりの状況に応じて精度の高い経過予測を実施することが求められる。