PR

 米Texas Instruments(TI:テキサス・インスツルメンツ)は、テキサス州シャーマンに新しい300mmウエハー工場を建設すると、2021年11月17日に発表した ニュースリリース 。22年に着工し、25年の生産開始を見込む。

シャーマンの新300mmウエハー工場のイメージ
シャーマンの新300mmウエハー工場のイメージ
(出所:Texas Instruments)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回建設する工場は、産業向けや車載向けに見込まれる半導体需要の継続的な伸びに対応するものとし、用地には最大4つの工場を建設可能だとする。まず、22年に2つの工場の建設を開始し、1つ目の工場は25年に操業開始を予定している。このシャーマンへの総投資額は約300億(約3兆4200億円)ドルに達する可能性があり、3000人の直接雇用を生み出すという。

 同社は複数の300mmウエハー工場をテキサス州に持っている。ダラスの「DMOS6」、リチャードソンの「RFAB1」と「RFAB2」(RFAB2は22年下期に操業開始)である。また米Micron Technology(マイクロンテクノロジー)から買収したユタ州リーハイの工場「LFAB」は23年早々に操業予定となっている。今回のシャーマンの新工場はこれらを補完することになるという。なお、シャーマンの新工場では、アナログ製品と組み込みプロセッシング製品を製造する予定である。