PR

 ドリーム・アーツは2021年11月29日、同社のノーコード開発ツール「SmartDB(スマートデービー)」で開発したアプリケーション同士を連携させる「ダイナミック・ブランチ機能」を同年12月1日に追加すると発表した。仕事の流れに沿って複数のアプリを連携させたいときなどに役立つとユーザー企業に提案する。SmartDBの標準機能として提供し、既存ユーザーは追加料金なしで利用できる。

 SmartDBで開発したアプリ同士やアプリで生成したデータ同士を連携させる設定をノーコードでできるようにした。複数の部門をまたぐ業務で、一方の部門が開発したアプリをもう一方の部門がつくったアプリの画面から呼び出して操作するといった連携ができる。プログラミングの知識がなくても開発できるアプリの幅が広がるため、IT人材不足の緩和にも効果が見込める。

 ノーコード開発ツールはプログラミングの専門知識を必要とせずにアプリを開発できる。このため、業務部門の社員が部門内の業務の効率化に役立つアプリを開発する用途に向くとされる。ただ、アプリ同士を連携させるのは、他社のツールも含めてノーコードでは難しかったという。