化学製品の輸出入や製造を手掛けるハイケム(東京・港)は2021年12月1日、生分解性プラスチックの繊維素材「HIGHLACT」を開発したと発表した。トウモロコシ由来のPLA(ポリ乳酸)を用いたのが特徴で、廃棄する際に微生物の働きで水と二酸化炭素(CO2)に分解されるため、環境負荷を減らせる。

[画像のクリックで拡大表示]
図 「HIGHLACT」を用いたアパレル製品の例とHIGHLACTの糸
図 「HIGHLACT」を用いたアパレル製品の例とHIGHLACTの糸
アパレル製品は、素材の一部にトウモロコシ由来のPLA(ポリ乳酸)繊維を用いて作った。(出所:日経ものづくり)
[画像のクリックで拡大表示]

 PLAの原料のトウモロコシはバイオマスなので、いわゆるカーボンニュートラル(温暖化ガスの排出量実質ゼロ)にも貢献する。生育過程でCO2を吸収しているため、廃棄時に焼却したとしても大気中のCO2を差し引きゼロにできる。さらに、PLAは人の体にも存在する乳酸を原料としているため、「人体にとって安全かつ抗菌性もある」(同社)。

 PLAは「従来のプラスチック素材と比べて化学構造が単純」(同社)であるために、これまで強度不足や耐熱性の低さ、コストの高さが課題とされてきた。また、PLA繊維を用いた生地の加工や染色は難度が高く、同社は開発に苦戦してきたという。

 そこで、同社はテキスタイルメーカーの小野莫大小工業(東京・江東)との業務提携によって、原料から生地までの一貫した生産管理体制を構築した。その結果、PLA繊維の品質が向上し、製品化を実現できたという。HIGHLACTの関連売り上げについて、ハイケムは24年に50億円を目指す。