PR

 ジェーシービー(JCB)、大日本印刷(DNP)、パナソニックシステムソリューションズジャパン、りそなホールディングスは2021年12月8日、顔認証技術を利用した業界横断型の「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」の事業化に向け、企業コンソーシアムを同月9日に発足すると発表した。

 顔認証マルチチャネルプラットフォームはJCBなど4社が構築する。本人の同意を得て本人確認時に登録した顔画像を共通のサーバーに蓄積し、業界横断で活用していく計画。同プラットフォームの利用に向け、参加企業向けの勉強会などを2021年12月から2022年5月にかけて実施し、同年6月以降にそれぞれの企業で実証実験の実施を検討する。2021年12月1日時点で、運輸業や小売業などの20社以上が参加する。

 同プラットフォームの実用化に向け、まずりそなグループで顔認証を使ったサービスの実証実験を2021年12月から2022年3月まで行う予定。実証実験では、りそなグループ東京本社と大阪本社、りそなシステム拠点の一部などで、顔認証での入室や顔認証によるデビットカード決済などを実施する。