PR

 マツダは2021年12月9日、手でも足でも加減速の操作ができる新機能を、小型SUV(多目的スポーツ車)「MX-30」に追加すると発表した。同機能を搭載した車両の予約受付を同日に開始し、22年1月から納車を始める(図1)。

新機能を搭載したMX-30
図1 新機能を搭載したMX-30 SeDV
(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 新機能を搭載した車両「MX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(MX-30 SeDV)」は始動時に、手の操作と足の操作を切り替えられるため、足の不自由な人と不自由でない人が1台の車両を運転できる利点がある。

 「足の不自由な人が友達や家族と運転を代わりながら、同じクルマで自由に移動できるようにするために開発した」と、同社Self-empowerment Driving Vehicle主査の前田多朗氏は開発の狙いを話す。

 MX-30には簡易ハイブリッド車(MHEV)と電気自動車(EV)があり、すべての車種に新機能を搭載できる。取り付け価格(消費税込み)は52万8000円だが、マツダ国内営業本部ブランド推進部の松山雅昭氏は、「福祉車両を対象にした減税や助成金を利用すると、取り付け価格をほぼゼロにできる」とする。

 新機能を搭載した車両はステアリングホイールの内側に加速用の「アクセルリング」、運転席左側に減速用の「レバーブレーキ」を搭載する。ステアリングホイールを握ることに関与しない両手の親指でアクセルリングを押すと加速する(図2)。

アクセルリングとレバーブレーキの搭載位置
図2 アクセルリングとレバーブレーキの搭載位置
(出所:マツダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 レバーブレーキを押し込んで(ブレーキロックをかけた状態で)、車両のスタートボタンを押すと、アクセルリングとレバーブレーキによる操作が可能になる。この状態では、アクセルペダルとブレーキペダルによる操作はできなくなり、誤ってアクセルペダルを踏み込む危険を軽減できる。

 一方、ブレーキペダルを踏んでスタートボタンを押すと足による通常の操作となり、アクセルリングやレバーブレーキによる操作はできなくなる。

 交差点での右左折や立体駐車場のスロープを上るときなどには、一定速度を維持するために、アクセルリングの押し込み量を感覚的に分かるようにする必要がある。そこで、アクセルリングを押したときの反力に段差を設けて、急加速を防ぐとともに、一定速度で走行しやすくした。