PR

 情報処理推進機構(IPA)は2021年12月14日、情報処理技術者試験の一区分である「ITパスポート試験(iパス)」について、2021年11月度の合格者を発表した。最年長合格者は86歳で、これまでの最年長記録を更新した。

 iパスはITを利活用する全ての社会人や学生が備えておくべき、ITに関する基礎的な知識を問う国家試験だ。これまでの最年長合格者は2017年12月度に合格した83歳だった。今回の最年長合格者の記録更新は3年11カ月ぶりになる。iパスの合格者については、2020年10月度に8歳の小学3年生が最年少で合格していて、合格者の年齢層が広がっている。

 iパスの応募者数も増えている。2020年度の応募者数は前年度と比べて24.6%増の約14万7000人になった。2021年度は4月から11月までで約12万8000人が応募した。IPAによると、金融業界などの非IT系企業の応募者が特に増えているという。2009年にこの試験が始まってからの応募者数と合格者数はそれぞれ累計で約137万人、約62万人になっている。