PR

 トヨタ自動車は2021年12月14日、電気自動車(EV)の世界販売目標を30年に350万台とする新たなEV戦略を発表した。これまで30年にEVと燃料電池車(FCV)で200万台としていた目標台数を上方修正した。

 30年までにレクサスブランドを含む30車種のEVを世界で販売し、EVのフルラインアップを実現する。会見では、新型EV「bZ」シリーズの第1弾として22年に発売するSUV(多目的スポーツ車)「bZ4X」など、計16車種を展示した。

16車種のEVを展示した
16車種のEVを展示した
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 30年に世界で販売する350万台のEVのうち、レクサスブランドが100万台を占める。レクサスは30年までに全カテゴリーでEVを投入するとともに、欧州、北米、中国の各市場でEV販売比率を100%に高める。さらに35年には世界市場でEV比率100%を目指す。

 EV用の電池については、30年までの開発・生産投資を、21年9月に発表した1.5兆円から2兆円に増額する。30年の電池生産能力も、従来は200GWh以上としていたところ、今回280GWh程度になるとした。

 これに伴い、EVへの開発・生産投資は22~30年の9年間で4兆円を計画する(うち、2兆円が電池)。ハイブリッド車(HEV)、プラグインハイブリッド車(PHEV)、FCVへの開発・生産投資は同4兆円を予定し、電動車全体で30年までに8兆円を投じる。

 EVの販売目標を上方修正した理由として、同社社長の豊田章男氏は、21年10~11月に英国で開催された「第26回気候変動枠組条約締約国会議(COP26)」の影響を挙げた。COP26で明らかとなった各国のエネルギー政策を考慮すると、カーボンニュートラル(炭素中立)のために、今回の上方修正が必要と判断したようだ。また、高級車市場においてEVへの期待が急速に高まっていることも後押しした。

 競合のドイツVolkswagen(フォルクスワーゲン)グループは、30年に世界販売の5割をEVにする目標を打ち出している。現状の販売台数を基にすると約500万台に相当する。