NTTデータは2021年12月23日、北米子会社を通じて米コンサルティング会社Chainalytics(チェイナリティクス)を買収することで合意したと発表した。主に北米を対象に、サプライチェーン(供給網)領域に関するDX(デジタルトランスフォーメーション)のコンサルティング事業を強化する狙い。

 チェイナリティクスは供給網の改革を専門とするコンサルタント約200人を抱え、戦略の策定から運用支援まで幅広く助言サービスを手がける。新型コロナウイルス禍以降、取引先からの部品供給が滞るなどで事業の停滞を余儀なくされる企業が相次いだ。デジタル技術で供給網を変革する機運が顧客企業に高まっているとみて、NTTデータは買収を決めた。

 北米やグローバルにおけるコンサルティング人材の採用・育成の活動の加速にもつなげたいとしている。買収金額は公表していない。