PR

 欧州で自動車アセスメントを手掛けるEuroNCAPは2022年1月4日、2021年に評価した33車種の中から、カテゴリー別の最優秀モデル「Best in Class」を発表した。33車種全体で最も安全性が優れていたのはドイツMercedes-EQの電気自動車(EV)「EQS」だった。EQSは、「高級車」と「電気自動車」の両クラスで首位になった。なお、どちらのクラスでもスウェーデンPolestarのEV「Polestar 2」がわずかに及ばず2位となった。

最優秀モデルとなったMercedes-EQのEV、「EQS」
最優秀モデルとなったMercedes-EQのEV、「EQS」
[画像のクリックで拡大表示]

 エンジン車ではチェコSkodaの「Enyaq iV.」が「大型オフロード」クラスで、同じく「Fabia」が「小型ファミリーカー」クラスで首位となった。2車種がBest in Classに選出されたのはSkodaのみ。日本メーカー車では、「小型オフロード」で日産自動車「Qashqai」、「小型MPV」でトヨタ自動車「Yaris Cross」がそれぞれ選ばれた。

 Best in Classの選定は、同じカテゴリーに同年に試験したモデルが3車種以上あること、標準装備のみで五つ星の評価を受けていること、同一カテゴリーで総合スコアが最も高いこと、衝突試験で成人・子供の乗員のボディーに「Poor」評価を受けた部分がないこと、他の車種の派生車でないことなどが条件となる。もし同一カテゴリーで複数の車種が同スコアだった場合、小数点以下3桁までの総合スコアを考慮し、価格が低い方の車種がBest in Classとなる。

表1 カテゴリー別の優秀車種
クラス車種
高級車
(Executive)
1.Mercedes-EQ EQS
2.Polestar 2
大型オフロード
(Large Off-road)
1.Skoda Enyaq iV
2.BMW iX
小型オフロード
(Small Off-road)
1.Nissan Qashqai
2.Volkswagen ID.4
小型ファミリーカー
(Small Family Car)
1.Skoda Fabia
2.-
小型MPV
(Small MPV)
1.Toyota Yaris Cross
2.Volkswagen Caddy
電気自動車
(Pure electric)
1.Mercedes-EQ EQS
2.Polestar 2