PR

 トヨタ自動車は2022年1月13日、中型ミニバン「ノア/ヴォクシー」の全面改良車を発売した。同社の車両設計・開発手法「TNGA(Toyota New Global Architecture)」に基づくプラットフォーム(PF)「GA-C」を適用し、ミニバンとしての基本性能を高めた。さらに、「レベル2+」の先進運転支援システム(ADAS)「Advanced Drive」などを設定し、予防安全性能の強化や運転負荷の軽減を実現した(図1、2)。

ノア
図1 中型ミニバンの新型「ノア」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]
ヴォクシー
図2 中型ミニバンの新型「ヴォクシー」
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 Advanced Driveは既に、トヨタの燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」や「レクサスLS」に搭載されている。高速道路において先行車追従(ACC)や車線中央維持(LTA)、分岐、車線変更、追い越しなどをシステムが支援するものである。これに対して新型車に搭載したAdvanced Driveでは、高速道路や自動車専用道路における渋滞時(車速0km/h~約40km/h)にACCやLTAが作動し、運転者が前方を注視するといった一定の条件下で操舵(そうだ)や加減速の操作を支援し、「ハンズオフ」の走行を可能にする。

 Advanced Driveを搭載するミライとレクサスLSはいずれも車両最低価格が800万円を超えるが、今回の新型車の車両最低価格は297万円(同システムを搭載するノアの場合)。提供する機能やセンサーの数を減らすことなどでシステムコストを抑え、価格が300万円以下のミニバンへの設定を可能にした。

 予防安全の面では、トヨタの最新ADAS「Toyota Safety Sense(TSS)」を搭載した。自動ブレーキはトヨタ車として初めて、交差点で左右から進行してくる車両や二輪車を検知し、出合い頭衝突の回避に対応した。さらに右折時の直進対向車や、右左折時に前方から横断してくる歩行者とサイクリスト(自転車運転者)にも対応する(図3)。

出合い頭衝突回避のイメージ
図3 出合い頭衝突回避のイメージ
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 「プロアクティブドライビングアシスト」という機能も、トヨタ車として初めて搭載した。「歩行者が横断するかもしれない」、「歩行者が飛び出してくるかもしれない」といったリスクを先読みして、対象物(歩行者や自転車、駐車車両)に近づきすぎないように操舵やブレーキ操作を支援する(図4)。

リスク回避の例
図4 リスク回避の例
(出所:トヨタ自動車)
[画像のクリックで拡大表示]