PR

 ソフトバンクは2022年1月13日、昨今横行しているSMS(ショートメッセージサービス)を使ったフィッシング詐欺などの被害を防ぐ新機能を、2022年春から提供すると発表した。「ソフトバンク」や「ワイモバイル」、「LINEMO(ラインモ)」のユーザー向けで利用料金は無料だ。

 ソフトバンクが今回提供する新機能は、差出人をソフトバンクなどと詐称したSMSを拒否する「なりすましSMSの拒否」、機械学習により迷惑SMSかどうかを解析して拒否する「迷惑SMSフィルター」、本文にURLを含んだSMSを拒否する「URLリンク付きSMSの拒否」の3つ。このほかSMSの発信元番号を基に受信を許可・拒否できる従来機能については、発信元がアルファベットで表示されているSMSも拒否できるよう拡充する。

 NTTドコモも同日、フィッシング詐欺SMSの受信を自動で拒否できる新機能「危険SMS拒否設定」を、2022年3月中旬から提供すると発表した。危険なサイトに誘導するSMSかどうかを送信元情報や本文内容に基づいてネットワーク上で自動判定し、利用者の受信を自動的に拒否する。「ahamo(アハモ)」を含む同社ユーザーが無料で利用できる。同社回線を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)とも「同機能の提供に向けて協議中」(広報)という。

 なお、KDDI(au)も「時期は未定だが、同様の機能を導入することを検討中」(広報)としている。

 SMSを巡っては近年、宅配便の不在通知に似せたメッセージを送って偽サイトに誘導し、個人情報を入力させたり、不正なアプリ(マルウエア)をインストールさせたりする手口が横行している。足元では「携帯電話の利用料金が未払い」というメッセージで偽サイトに誘導するケースも増えてきた。フィッシング対策協議会によると2021年12月のフィッシング報告件数は6万3159件で、同年11月から1万4698件増加した。中でも携帯電話のSMSを使うフィッシングは電子メールと比べ本物と誤認しやすく、被害が広がっているという。