PR

 神奈川県は2022年1月16日、トンガ沖の火山噴火を受けて気象庁が同日午前0時15分に発表した津波注意報をめぐり、自動配信の緊急速報メールを誤配信していたと発表した。システムの委託業者によるプログラムの設定ミスが原因。16日午前0時16分から午前7時31分までの間に最大20件のメールを配信し、受信した住民らはスマートフォンなどの通知が鳴りやまない事態となった。

深夜から早朝にかけて最大20件の緊急速報メールがスマートフォンなどに届いた
深夜から早朝にかけて最大20件の緊急速報メールがスマートフォンなどに届いた
[画像のクリックで拡大表示]

 本来の設定では神奈川県内を対象とした津波警報の発表時に気象庁から緊急速報メールを配信し、警報が注意報に切り替わった段階で同県がメールを配信するはずだった。16日は設定ミスにより、津波注意報が発表された段階や同県以外の津波情報が更新されるごとにメールを配信。正しい設定であれば0件だったはずの緊急速報メールが県内の地域によっては最大20件配信された。

 メールが誤配信されたのは横浜市、川崎市、横須賀市など、神奈川県内沿岸部を中心とした16市町。神奈川県は災害情報管理システムの委託業者に指示して既にプログラムを改修した。