PR

 三菱電機が2022年1月17日、4 周波数帯に対応したコンパクトな高精度衛星測位端末用アンテナを開発したと発表した。小型化によって移動体への搭載可能性を高め、自動運転車両やドローンをはじめとする高精度測位情報の利用拡大を狙う。

試作機
[画像のクリックで拡大表示]
試作機
4周波数帯に対応する高精度衛星測位端末用アンテナとして世界最小を実現した。(写真:三菱電機)

 大きさは、水平面が59mm角で高さが33mm。4つの樹脂成形品の側面と天面に、2つの折り曲げ線状アンテナ素子(直線状アンテナおよびループ状アンテナ)を樹脂成形品間で対称になるよう配線して、アンテナ素子配線を立体化した。この小型化技術により、アンテナ背面方向へのバックローブ放射を低減(後述)する4周波数帯対応の高精度衛星測位端末用アンテナとして世界最小を実現した。

 併せて、性能も高めた。樹脂成形品の天面も使うアンテナ素子配線の立体化によって、限られた占有空間の中でアンテナ形状の最適化が可能となり、高周波数帯のうちL1帯(1560~91MHz)の周波数帯域を、従来に比べて約 3 倍に拡大した。これにより、ロシアが運用する「GLONASS」衛星や英インマルサットが運用する「INMARSAT」衛星を含む世界各国の代表的な測位衛星システムと測位補強サービスに対応できる。

 測位精度を劣化させるマルチパス波(地面から反射した電波)も抑える。直線状アンテナ素子とループ状アンテナ素子の放射メカニズムの違いを利用し、それぞれの放射波を合成させることでアンテナ背面方向へのバックローブ放射を低減する仕組み。

 同社は今後、屋外での実証実験による測位精度評価を進めて実用化を検討するという。