PR

 「車載イメージセンサーの世界市場で、2021年のシェア(市場占有率)は2位だったが、22年は首位になれる」──。米OmniVision Technologies(オムニビジョン・テクノロジーズ)日本支社長の薄井明英氏は、22年1月21日のオンライン会見で今後の車載センサー事業に対する自信をこうのぞかせた。

 世界の車載イメージセンサー市場では現在、米onsemi(オンセミ)がシェア首位である。オムニビジョンの同センサー事業の売上高は、21年第3四半期累計で前年同期比23%増となった。

 薄井氏は「車載イメージセンサーの市場規模と当社が出荷する予定台数などを考えると、22年にはシェア首位になれる見通し」とした。ソニーも追い上げている。今後、各社の競争は激しくなりそうだ。

 シェア首位を目指すオムニビジョンは同日の会見で、新たに3つの車載CMOSイメージセンサーを発表した。日本支社で車載製品担当のシニアマーケティングマネージャーである張啓文(ケルビン・チャン)氏は「いずれもサンプル出荷中であり、23年内に量産を始める」と明かした。

 第1の製品は、運転者と乗員を同時に監視できる「OX05B1S」である。可視光(RGB)と近赤外光(NIR)に、1台のカメラで対応できるという。画素数は500万で、画素サイズは2.2μmと小さい。高いNIR感度も実現した(図1)。

乗員監視のイメージ
図1 乗員監視のイメージ
(出所:OmniVision Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]

 第2の製品は車載カメラ向けの「OX03D4C」。サラウンドビューカメラやリアビューカメラ、電子ミラーなどに使える。画素数は300万で、画素サイズは2.1μmであり、第1の製品より小さい。 電子ミラーで問題となるLED(発光ダイオード)フリッカーを軽減する機能なども備える(図2)。

車両周辺監視のイメージ
図2 車両周辺監視のイメージ
(出所:OmniVision Technologies)
[画像のクリックで拡大表示]

 第3の製品は、米Xilinx(ザイリンクス)や中国Motovisと共同開発した。先進運転支援システム(ADAS)の前方監視用カメラに使える。画素数は800万で、ザイリンクスのSoC(System on chip)やMotovisのIP(Intellectual Property)を搭載する。「カメラの水平視野角を広げ、ADASの安全性を向上できる」(張氏)とする。