PR

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2022年1月21日、21年度に打ち上げを予定していた次期基幹ロケット「H3ロケット」の試作機1号機(初号機)の打ち上げを見合わせると発表した。打ち上げ時期の変更は今回で2度目。主エンジン「LE-9」において、前回の延期の原因となった技術的課題とは異なる「対処すべき事象」が新たに確認された。

図 H3ロケットの外観
図 H3ロケットの外観
(出所:JAXA)
[画像のクリックで拡大表示]

 当初、H3ロケットの打ち上げは20年度を予定していた。しかし20年5月、LE-9エンジンの燃焼室内壁に開口が、液体水素ターボポンプのタービン動翼に疲労破面が確認されたため、打ち上げを21年度に変更した。

 その後、ターボポンプの再設計や翼の振動データを直接取得する新たな試験などを進め、前回の延期の原因となった課題の解決に関しては「一定の技術的なめどを得た」(JAXA)。しかし、ターボポンプの翼の振動データから、「その他にも対応すべき事象」(同)が複数確認されたという。JAXAはそれらへ確実に対応した設計にする必要があると判断し、再度の延期を決断した。

 今回の打ち上げ再延期に対して、JAXA理事長の山川宏氏は「大変重く受け止めている。この変更は、H3ロケット試験機1号機の確実な打ち上げのためには必要な措置と考え、残りの開発を進める。」とコメントを発表している。