PR

 米Amazon.com(アマゾン・ドット・コム)は衣料品や靴、アクセサリーなどの販売店「Amazon Style(アマゾンスタイル)」を2022年後半に米ロサンゼルス市郊外に開く。アパレル店を開店するのは同社初である。同年1月20日(米国時間)に明らかにした。AI(人工知能)技術やスマートフォン向けアプリなどを活用してパーソナライズ化した買い物や試着などを可能にする。これまで高級店で実施していたようなきめ細かなサービスを安価な店でも提供することを目指す。

「Amazon Style」の店舗イメージ
「Amazon Style」の店舗イメージ
(出所:アマゾン・ドット・コム)
[画像のクリックで拡大表示]
「Amazon Style」の店舗内のイメージ
「Amazon Style」の店舗内のイメージ
(出所:アマゾン・ドット・コム)
[画像のクリックで拡大表示]

 店舗では、オンラインショッピングと試着ができるリアルな場の両方の良さを兼ね備えた買い物体験を提供する。例えば、店舗内にある衣服の2次元コードをスマホでスキャンすると、その衣服のサイズやカラー、評価などの関連情報を確認できる。気に入ってタップすれば、試着室にその衣服が用意される。試着室の準備などが整うと、スマホに通知が来る。

「Amazon Style」の試着室のイメージ
「Amazon Style」の試着室のイメージ
(出所:アマゾン・ドット・コム)
[画像のクリックで拡大表示]

 アマゾンは試着室をパーソナル空間として「再定義した」(同社)という。試着室内にタッチパネル搭載のディスプレーを配置。利用者はそのディスプレーを通じて新たなサイズやカラー、別の商品などを選べる。選択後、選択した商品が数分で試着室に届けられるという。フルフィルメントセンターでこれまで培った技術やプロセスを駆使して可能にしたとする。

試着室にタッチパネル搭載のディスプレーがある
試着室にタッチパネル搭載のディスプレーがある
(出所:アマゾン・ドット・コム)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした仕組みによって、利用者は試着室にいながら買い物を続けられる。あらかじめアマゾンのサイトやアプリから選んだ衣服を試着室に準備してもらい、試すこともできる。

 アマゾンスタイルでは、機械学習によって利用者の特性を推定し、好みと思われる商品を推薦する。さらに、好みのスタイルやフィット感といった情報をアマゾン側と共有すれば、よりパーソナライズ化したレコメンデーションを受けられるとする。