PR

 NECとNECパーソナルコンピュータは2022年2月4日、自治体や教育機関に販売したGIGAスクール向け端末の内、5機種を自主点検すると発表した。製造工程の不備で混入した余分なねじが、端末の落下などによる衝撃でバッテリーを破損させ、発煙・熱損に至ったという事案を1件確認した。

Chromebook Y2を紹介するNECのWebサイト
Chromebook Y2を紹介するNECのWebサイト
(出所:NECのWebサイトをキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 余分なねじの混入が判明したのは、NECパーソナルコンピュータが製造し、NECが販売した「Chromebook Y2」。NECは「現時点でChromebook Y2以外の対象端末でのねじ混入は確認していないが、同一ライン・同一時期に生産した他の機種も点検する」としている。これらの製品では、ケーブルの組み立て不良でケーブルが周辺部品と擦れてショートし、発煙・熱損に至った事案も6件確認しており、この不具合についても点検する。

 自主点検の対象となったのは、20年7月から21年11月までに製造した5機種、合計約124万台。具体的には20年7月~21年10月に生産した「Chromebook Y2」、21年6~11月に生産した「Chromebook Y3」、20年10~21年10月に生産した「VersaPro E タイプVR VR-8」、21年5~8月に生産した「VersaPro E タイプVR VR-9」、21年8~11月に生産した「VersaPro E タイプVR VR-A」が該当する。

自主点検の対象となった端末
自主点検の対象となった端末
(出所:NEC)
[画像のクリックで拡大表示]

 具体的な回収方法や時期は、自治体や教育機関と調整の上で決定する方針。