米ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2022年2月22日、同年以降に発売予定の新たなヘッドマウントディスプレー(HMD)「PlayStation VR2(PS VR2)」の本体外観を公開した。同年1月に米ラスベガスで開催された「CES 2022」で本体の仕様(スペック)を明らかにしたものの、本体の外観を公開するのは今回が初めてである。

初めて公開された「PlayStation VR2(PS VR2)」の本体とコントローラーの外観
初めて公開された「PlayStation VR2(PS VR2)」の本体とコントローラーの外観
(写真:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]

 PS VR2の本体は、16年に発売された「PlayStation VR(PS VR)」の形状を踏襲しつつ、全体的に丸みを帯びた「オーブ形」のデザインになっている。公開済みのコントローラーと同様に、白色を基調として黒色を組み合わせた外観で、対応機種の「PlayStation 5」のカラーリングに合わせているとみられる。

 本体の外観で目立つのは、HMD前面に配置された4つのカメラである。従来製品のPS VRは、外部カメラを用いた「アウトサイドイン」形式でHMDの位置や傾きなどを検出していたが、PS VR2はHMDに内蔵したカメラで周辺を撮影し、画像認識によってHMDの位置や傾きを検出する「インサイドアウト」形式に変更されたため、前面にカメラを搭載する必要があった。

 PS VR2の設計で注力したのは「換気効率の高い設計」(SIE デザインセンター シニアアートディレクターの森澤有人氏)だという。HMD使用時に接眼レンズが曇らないようにするため「上面と前面の隙間に小さな空間を設けることで、効果的な換気を実現した」(同氏)。

側面から見たPS VR2の外観
側面から見たPS VR2の外観
 上面と前面の隙間には換気口のような穴が確認できる。頭部に装着するバンド部分は、従来機種の「PS VR」と似た形状でダイヤル式になっているようだ。(写真:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]
PS VR2をレンズ側から見た外観
PS VR2をレンズ側から見た外観
接眼レンズの周りにはアイトラッキング用センサーとみられる細長いくぼみが複数並び、2つのレンズの間には装着を検知する近接センサーが搭載されているとみられる。(写真:SIE)
[画像のクリックで拡大表示]