PR

 大手自動車メーカーのスズキと、電動垂直離着陸機(eVTOL)を開発するSkyDrive(愛知県豊田市)は2022年3月22日、「空飛ぶクルマ」(eVTOL)の社会実装を目指して連携協定を締結したと発表した。連携内容は技術と事業の両面で、機体開発や量産体制の確立、インドを中心とした海外市場の開拓などである。

SkyDriveが開発する空飛ぶクルマの試作機「SD-03」
SkyDriveが開発する空飛ぶクルマの試作機「SD-03」
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]

 SkyDriveがスズキと連携協定を結んだ理由は2つある。1つは、スズキのコンパクトカーへの知見だ。SkyDriveの空飛ぶクルマは、コンパクトな機体を特徴としている。そこで「スズキが得意とするコンパクトカーの開発・製造のノウハウが生かせるのではないか」(SkyDriveの広報担当者)と考えたという。SkyDriveは25年の大阪・関西万博でのサービス化に向けて商用機を設計開発中であり、開発だけでなく量産も見据えて連携する。

 もう1つは、スズキがインド市場に強いこと。SkyDriveは、空飛ぶクルマ事業の海外展開を狙っており、インド市場をターゲットの1つにする。他にも東南アジアなどで狙う市場はあるものの、「渋滞などの社会課題が大きいインドの優先度を高くしている」(同社の広報担当者)。スズキはインドで長く自動車事業を続けており、同市場で高いシェアを持つため、連携先としてはベストだった。

 SkyDriveとの連携のメリットについてスズキの広報担当者は、発表内容以上は話せることがないとしつつも、「(スズキとしては)四輪車・二輪車・船外機(マリン)に続く、新しいモビリティーを作っていきたい」として、「空飛ぶクルマに注目していた」と話す。今後の計画について、スズキとSkyDriveの広報担当者はどちらも「まだ検討を始めたばかりで、これから詳細を決めていく段階にある」とした。