PR

 日野自動車がエンジン性能の認証で不正をした問題で、国土交通省は2022年3月25日、行政処分へ向けた聴聞会を開いた()。同社は処分案について「意見はない」と文書で回答し、対象エンジンの型式指定の取り消しなどを受け入れる意向を示した()。正式に処分が下れば、搭載車両は生産できなくなる。日野自動車は同日、対象エンジンを搭載する中型トラック約4万7000台のリコール(回収・無償修理)を国交省に届け出たことも発表した。

図 聴聞会の様子
図 聴聞会の様子
国交省は日野自動車に対して、行政処分に向けた聴聞会を開いた。同社は行政手続法に基づき、出頭に代えて文書を提出。処分を受け入れる意向を示した。(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]
表 日野自動車が受諾した処分内容と原因
表 日野自動車が受諾した処分内容と原因
(出所:日野自動車)
[画像のクリックで拡大表示]

 型式指定は近日中に取り消しとなる見通し。対象は中型エンジン「A05C」と同エンジンを搭載する中型トラック「レンジャー」、別の大型エンジンを搭載する大型観光バス「セレガ」、大型トラック「プロフィア」である。これらの車種は出荷を停止する。再度認可を得て出荷を再開するには、一定期間を要する。

 A05Cを搭載するレンジャーについては、リコールの実施を決定した。対象は17年4月から22年3月まで生産していた約4万7000台。リコールに要する費用は「精査中」(日野自動車)としている。

新たに小型エンジンの燃費不正も判明

 なお、日野自動車は同日、今回の型式指定の取り消しが見込まれるエンジンや車種とは別のエンジンでも不正を確認したと発表した。同社の小型バス「リエッセⅡ」などが搭載する小型エンジン「N04C」について、認証試験の燃費測定で不正があった。燃費性能が基準を満たさない可能性を認識した上で、燃費に有利な条件で試験を実施したほか、複数回の測定結果から最も良い値を採用するなどの行為があった。同エンジンにおける不正の有無について、一連のエンジン性能の不正を公表した同月4日時点では「調査中」(同社)としていた。