PR

 ソニーワイヤレスコミュニケーションズ(東京・港)は2022年3月25日、国内で初めて集合住宅向けにローカル5Gを利用したインターネット「NURO Wireless 5G」の一般提供を同年4月1日より開始すると発表した。集合住宅の壁や近くの電柱などにソニーワイヤレスコミュニケーションズの基地局を設置し、家庭に貸し出した専用のホームルーターを介して通信サービスを提供する(図1)。

図1 「NURO Wireless 5G」専用のホームルーター
図1 「NURO Wireless 5G」専用のホームルーター
(出所:ソニーワイヤレスコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 通信速度は下りが最大4.1Gbps、上りが最大2.6Gbpsである。ローカル5Gに割り当てられたSub6の周波数帯を使った5G(第5世代移動通信システム)通信と、IEEE802.11axの通信を束ねて利用することでこの通信速度を達成した。月額基本料金が4950円(税込み)、事務手数料が3300円(税込み)とする。月単位の契約で、解約料は不要である。

 4月1日時点でのサービスエリアは、東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府といった都府県の一部地域だ。さらに、北海道、千葉県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、京都府、兵庫県、奈良県、福岡県、佐賀県の道府県一部を提供可能エリアに据え、将来的にサービスを順次拡大していく考えを示した。なお、サービスにおいては、希望の多い集合住宅などから基地局を順番に設置していくため、申し込んだらすぐにサービスを利用できるわけではない。

 「NURO光を介して高速な光回線を提供しているものの、光ファイバーを配線できない住宅も存在する。多くの世帯に快適なインターネットサービスを整える手段として、ローカル5Gを利用していく。当然、通信会社のパブリック5Gが提供できていない地域でも構築可能だ」(ソニーワイヤレスコミュニケーションズ執行役員事業開発部統括部長の永井直紀氏)(図2)。同社の永井氏は同サービスの商機をそう語り、高速な通信の恩恵を受けていないユーザーとの接点としていく考えを示した。

図2 ソニーワイヤレスコミュニケーションズ執行役員事業開発部統括部長の永井直紀氏
図2 ソニーワイヤレスコミュニケーションズ執行役員事業開発部統括部長の永井直紀氏
(出所:ソニーワイヤレスコミュニケーションズ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はローカル5Gのサービス提供を進めるだけでなく、その通信を介したエンターテインメントの提供も模索していく。現状はSub6の周波数帯だが、将来的にはより高速な通信が可能なミリ波も扱えるようにしていきたいとした。